不動産売却時の相談窓口はどこ?相続の場合や費用について専門家別にご紹介

2022-01-25

相続

不動産売却時の相談窓口はどこ?相続の場合や費用について専門家別にご紹介

「実家の相続による売却について親族間でもめている、どこへ相談したら良い?」「忙しいから不動産売却の税金や登記の手続きを専門家に依頼したい」など不動産売却のお悩みはさまざまです。
窓口はどこなのか、いくらかかるのかなど、わかりづらいことからお困りではないでしょうか。
そこで今回は、不動産売却に関する相談窓口や費用、相続の場合の相談先などについてご紹介します。
明石市や加古川市、神戸市の垂水区や兵庫区エリアで不動産売却をご検討中の方はぜひご参考にしてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却したい!誰に相談するの?

相続した不動産を売却したい!誰に相談するの?

住む予定のない不動産を相続することになった際には、早めに専門家へ相談しましょう。
ここでは、不動産を相続した際の相談先についてパターン別にご紹介します。

パターン①弁護士:相続人同士でトラブルがある場合

実家を相続する際には、さまざまな理由からトラブルになるケースもあります。
たとえば相続した実家を複数の相続人で共有する場合、消息のわからない方や売却に納得しない方がいると、共有者全員の合意が得られないため、不動産を売却して遺産分割を進めることはできません。
そのため、相続人同士で意見がまとまらずトラブルに発展している場合は、早めに弁護士に相談すると良いでしょう。
弁護士は法的根拠に基づき、具体的な解決方法を提案してくれるため、トラブルを早期に解決してくれることが期待できます。

パターン②司法書士:トラブルがない場合

相続人の間でとくにトラブルがない場合は、司法書士へ相談すると良いでしょう。
不動産売却に関する所有権の移転登記や相続財産の評価、相続税の申告などの実務は弁護士ではできません。
トラブルがない場合は、不動産相続の実務を得意とする司法書士への依頼がオススメです。

パターン③不動産会社:相続する(した)不動産の価値を知りたい場合

相続した実家の価値を知りたい場合は、不動産会社への相談が一番良いでしょう。
遺産を分割するのか、相続人の誰かがリノベーションして住むのかなど、不動産会社へ相談し査定してもらうことで、相続した不動産の価値を把握できます。
また一旦不動産会社へ査定を依頼することで、相続に関するトラブルがある場合は弁護士、不動産相続に関する手続きは司法書士へとそれぞれの専門家を紹介してもらえます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却について専門家に相談したい!相続以外の窓口は?

不動産売却について専門家に相談したい!相続以外の窓口は?

不動産売却の際には、さまざまな手続きが必要になり、専門家の力が必要になります。
ここでは、不動産相続以外で売却の相談をしたい場合の窓口についてご紹介します。

税金についての窓口は「税理士」

不動産売却の際には登録免許税や印紙税など、さまざまな税金がかかりますが、中でも譲渡所得税に注意しなければなりません。
譲渡所得税は不動産売却時の利益が生じた際に所得額に応じてかかる税金で、特例の適用や損失がでた場合の損益通算など、さまざまな条件が絡み合うため処理も複雑です。
また自身で申告が必要なため、どの控除が節税になるのかなど、判断も難しいことから税理士への相談をオススメします。
税理士へ相談することで、申告時に必要な書類の準備に迷うことがない上、売却に関する節税のアドバイスをもらえることも期待できるでしょう。

境界確定や測量の窓口は「土地家屋調査士」

不動産売却の際に隣地境界線がわからない場合は、土地家屋調査士へ依頼すると良いでしょう。
不動産を売却する際には、所有地の正確な面積を確定する必要があります。
隣地との境界線が不明な場合は、土地家屋調査士に「境界確定」を依頼し、境界の確定図面を作成してもらいましょう。

登記変更や権利関係の窓口は「司法書士」

不動産売却をする際には、所有権移転登記や抵当権抹消登記など、さまざまな手続きが必要になります。
不動産売買の際に行う登記の手続きは、複雑な上、慎重に行わなければなりません。
なぜならば手続きがうまくいかなかったり、遅れたりするとスムーズな引き渡しができずトラブルになる場合があるからです。
そのため登記や権利関係の手続きについては、専門家である司法書士へ依頼すると安心です。

不動産売却を相談したい場合の窓口は「不動産会社」

不動産売却の際に、はじめの一歩として気軽に相談できるのが不動産会社です。
売却不動産の査定や相談は無料でできますし、売却の流れや不安に感じていることなど、不動産に関する総合的な相談が可能です。
不動産の売却に関する税金や登記、隣地との境界線についてもそれぞれの専門家とのつながりもあるため、まずは気軽に相談してみると良いでしょう。
明石市や加古川市、神戸市の垂水区や兵庫区エリアで不動産売却をご検討中の方は、明石不動産売却センターまでご不安なこと、わからないことなどなんでもお問い合わせくださいね。

弊社が選ばれている理由|スタッフ紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却について専門家に相談したい!費用はいくらかかる?

不動産売却について専門家に相談したい!費用はいくらかかる?

最後にそれぞれの専門家に相談した場合の費用について、ご紹介します。

不動産売却に関する「弁護士」への相談費用

不動産売却の際のトラブルについて弁護士へ相談する場合は、1時間あたり1万円を目安に考えておくと良いでしょう。
実際に依頼する際には、着手金や報酬が別途必要になりますので、依頼予定の弁護士事務所へ事前に確認することをオススメします。
いきなり弁護士事務所へ相談するのは敷居が高いという方には、まずは自治体が開催する無料相談などを利用してみるのも良いでしょう。
時間の制限や質問内容も限定されるものの、概要などは聞けるため、最初の相談ステップとして利用するのには良いかもしれません。

不動産売却に関する「税理士」への相談費用

不動産売却の際の税金について、税理士に相談する場合は1時間あたり5,000円程度みておきましょう。
実際の税金に関する実務が発生する際には、別途料金が設定されていますので、事前の確認が必要です。

不動産売却に関する「司法書士」への相談費用

不動産売却に関する登記手続きなどで司法書士へ相談する場合も、1時間あたり5,000円程度みておくと良いでしょう。
ただし書類作成や登記手続きなどの実務に関しては、別途料金が設定されているため、事前に確認することをオススメします。

不動産売却に関する「土地家屋調査士」への相談費用

隣地との境界線について土地家屋調査士へ相談する場合は、無料の場合もあれば、1時間3,000~4,000程度かかる場合もあるため、あらかじめ相談料の確認が必要です。

不動産売却に関する「不動産会社」への相談費用は無料

不動産売却の相談を無料で行えるのが不動産会社です。
「実家が長年空き家になっているけど売れるか不安」「住宅ローンが残っているけど、売却できる?」など不動産売却全般について、無料で相談できます。
相続に関する売却で、親族間で揉めている場合は弁護士、隣地との境界線がわからず売却できずにいる場合は土地家屋調査士へと、専門家への紹介も可能です。
まずは不動産売却についてわからないことは、不動産会社へ相談することをオススメします。
明石不動産売却センターでは、明石市や加古川市、神戸市の垂水区や兵庫区エリアにある不動産の売却について無料でご相談いただけます。
「まずはいくらで売れるか知りたい!」という方への不動産査定も無料で対応しておりますし、どの専門家へ依頼して良いのかわからない方へはそういったご相談にも応じます。
詳細の費用についてもお伝えできますので、明石不動産売却センターまでどうぞお気軽にお問い合わせください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ紹介

まとめ

不動産売却では、複雑な手続きも多くどうしても専門家の力が必要になります。
そもそもどこへ依頼したら良いのか、費用がかかるのか、無料で相談できるのかそれぞれの窓口を調べるのは時間もかかり大変です。
不動産会社への相談は無料でできる上、査定も無料のため、費用の目安も早い段階で把握できます。
さらに各専門家も紹介してもらえるため、不動産売却の相談窓口に迷ったら、まずは不動産会社へ相談することをオススメします。
明石市や加古川市、神戸市の垂水区や兵庫区エリアにある不動産の売却に関するご相談や査定は無料にて応じています。
どうぞお気軽に明石不動産売却センターまでお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-35-1146

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

相続

空き家

税金

その他

売却査定

お問い合わせ