不動産が売れない原因は?チェックしておきたい改善案やポイントは?

2022-01-11

その他

不動産が売れない原因は?チェックしておきたい改善案やポイントは?

「不動産がなかなか売れない」
「古い実家を売却したいけど、売れなかったらどうしよう」
このように不動産売却についてお悩みではありませんか?
不動産が売れないのにはさまざまな原因があり、その原因を改善することで、スムーズな不動産売却の可能性が高まります。
そこで今回はなぜ不動産が売れないのか、その原因や売るための改善案、ポイントなどについてご紹介します。
明石市や加古川市、神戸市の垂水区や兵庫区エリアで不動産売却をご検討中の方はぜひチェックしてみてくださいね。

\お気軽にご相談ください!/

どうして不動産が売れない?原因別にチェック!

どうして不動産が売れない?原因別にチェック!

不動産が売れないと、固定資産税や管理費などさまざまな費用がかさむため、どうして売れないのか不安になる方もいるでしょう。
まずは不動産が売れない理由について、どのような原因が考えられるのかチェックしてみましょう。

原因①立地に問題がある

不動産が売れない原因の1つが、立地に問題がある場合です。
たとえば駅からの距離があったり、お買い物に不便だったりなどの場合です。
物件に問題がある場合はリノベーションなどでカスタマイズできますが、立地はあとから変更することはできません。
すでに売却中で不動産が売れないとお困りの方は、立地以外の部分での工夫が必要になるでしょう。

原因②物件に問題がある

旧耐震の物件や再建築不可(住宅を解体して新たに建物を建築できない)物件の場合も、不動産が売れない原因になりえます。
旧耐震の物件は築後40年以上経っているため、建物の経年劣化も進んでいる上、旧耐震基準での安全性が保証されていません。
そのため購入者としては耐震リフォームにいくらかかるのか、予算が見えづらい点が購入に進みづらい要因だと考えられます。
同じく再建築不可の物件についても、経年劣化が進んでいる場合は、大掛かりなリフォーム工事が予想されるため、こちらも購入へと進めることが難しいでしょう。

原因③売却価格に問題がある

立地や物件に大きな問題がない場合は、売却価格に原因があるのかもしれません。
たとえば同じ時期に似たような条件で安い物件があると、どうしてもそちらに内見や購入希望者が流れてしまいます。
査定時から月日が経過している場合などは、周辺相場からずれてきているのかもしれません。

原因④売却時期に問題がある

不動産自体や販売価格に問題がない場合は、売却時期を見なおすと良いかもしれません。
たとえば新年度が始まってしばらくの4・5月は、引っ越しピークの直後で市場も落ち着いている時期です。
こういった不動産市場のオフシーズンに売り出しはじめると、売却時期が長引く可能性があります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない時の改善案

不動産が売れない時の改善案

前項で不動産が売れない原因を特定できたら、次に改善案をチェックしてみましょう。

改善案①売却価格の見直しをする

不動産が売れない場合の改善案として、まずチェックしておきたいのが、「売却価格の見直し」です。
基本的には不動産会社の査定による、近隣相場や事例から算出した価格で売却していれば問題ありません。
しかしながら長期間に渡って売れない場合は、売却価格を下げることにより、内見が増えたり、購入へと進む可能性が高まります。
ただし、一旦売却価格を下げてしまうと元の価格へ戻すことは難しくなるため、不動産会社へ相談しながら慎重に進めると良いでしょう。

改善案②購入希望者の要望を反映させる

長期間にわたって売れない場合、その物件は購入希望者の要望を満たしていない場合があります。
たとえば、水廻りで故障している箇所があったり、経年劣化による汚れなど普通のお掃除では取りきれない汚れがあったりする場合です。
そのような状態の場合は、故障している箇所を直したり、クリーニングを施すだけで、不動産全体のイメージアップも図れます。
購入希望者の不安材料になりそうな部分はできるだけ、解消してあげると良いでしょう。
修繕費やクリーニングなど一時的な費用は発生しても、長期間に渡って管理費や固定資産税がかかり続けるよりは、売主の負担も軽くなります。
ただし購入希望者がフルリノベーションや水廻りのリフォームを検討する場合もあるため、事前にどのように改善すべきか不動産会社に相談すると良いでしょう。

改善案③売却時期の見直しをする

不動産が売れない場合の改善案として、売却時期の見直しをするのも有効です。
通常不動産市場が活発になるのは、人の移動と比例するため新卒者や新入社員が引っ越しを開始する2・3月の新年度のシーズンと、9月に向けた7・8月頃の転勤などの異動が多いシーズンが一般的です。
売れない状態で物件の情報が残るよりは、市場が活発になるシーズンに向けて調整するのも良いかもしれません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ紹介

\お気軽にご相談ください!/

売れない不動産どうしたらいい?売るための3つのポイント

売れない不動産どうしたらいい?売るための3つのポイント

売れない不動産を売るためには、見せ方や売り方、モチベーションも重要です。
ここからは、売れない不動産を売るための3つのポイントについてチェックしてみましょう。

ポイント①全力で売れる物件に磨き上げる!

不動産が売れない場合に見直したいポイントは「内見」の質をあげることです。
立地や価格が魅力的でも、嫌な臭いがしたり、ゴミなどで雑然としていたりすると、購入意欲が下がってしまいます。
では内見で成功するためにどのような点に気をつけると良いのか、そのポイントをチェックしてみましょう。
内見で気をつけたいチェックポイント!

  • 庭や玄関周りにゴミや落ち葉はないか?
  • 部屋のカーテンを開け、薄暗い箇所は電気をつけているか?
  • 窓を開けて換気をしているか?(嫌な生活臭はしないか?)
  • 水廻りが汚れていないか?
  • 室内やベランダなどは片付いているか?(不用品は早めに処分)

できる限り物件をキレイに磨き、購入希望者が内見時に気持ちよく内見できる環境を整えましょう。
空き家の場合は早めに物件に行き、窓を開けて換気をしたり、照明でお部屋を明るく演出したり、水廻りの通水をしたりするのもポイントです。
住みながら売却する場合は、売主の身だしなみも重要なチェックポイントの1つ。
清潔感のある服装で迎え、内見だけではわからない周辺のお買い物環境やオススメの病院など、住民だからこそわかる耳よりな情報を伝えてあげることも購入へと進める大きなポイントです。
購入希望者へ丁寧な対応を心がけることで、物件への印象も良くなりますので、ぜひ実践してみてくださいね。

ポイント②不動産会社との契約の見直しをしてみる

なかなか不動産が売れない場合に、不動産会社との契約が「一般媒介」の場合は、契約を見なおすことも大切なポイントです。
たとえば駅から離れた物件や再建築不可の物件など、売りづらい不動産の場合は、複数の不動産会社へ依頼できる「一般媒介」ですと、情報が埋もれてしまう場合も。
対して「専任媒介契約」や「専属専任媒介契約」の場合は、不動産会社1社とのみ契約します。
レインズへの登録や売主への報告義務が発生するため、手厚い売却活動が見込めるため、売却期間の短縮に貢献できます。

ポイント③じっくり腰を据えて売却する!

転勤などで時期が限定されていないのであれば、できるだけ腰を据えた売却活動をオススメします。
なぜならば無理に売却を急いでしまうと、売却時期を優先するあまり不安な気持ちになったり、さまざまな見落としからトラブルに発展するケースもあるからです。
また早く売るために、不本意な値引き交渉に応じてしまう場合もあるため、注意が必要です。
売却することを決めたら早めに不動産会社へ相談し、じっくりと腰を据えた売却活動を心がけると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ紹介

まとめ

不動産売却をする際には、売れると思っていたのに、「なかなか売れない」「どうしよう」と悩む方は多くいらっしゃいます。
しかしながら中古物件だから売れないのではなく、立地や売却時期などさまざまな原因が考えられます。
明石市や加古川市、神戸市の垂水区や兵庫区エリアで不動産売却をご検討中の方で「不動産が売れない」「これから売却したいけど、売れなかったらどうしよう」とお悩みの方は、お力になりますのでご遠慮なく明石不動産売却センターまでお問合せくださいませ。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-35-1146

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

相続

空き家

税金

その他

売却査定

お問い合わせ